poster-1568247_1920


英語の翻訳をしている方からの投稿です。



私は英語の翻訳をしています。大学を卒業してから、昔からの夢だった翻訳業の仕事につくことにしました。ただ就職活動では翻訳会社に入れなかったため、初めは全く別業界である小売業につきました。それからは数年間、小売業として働いていましたが、ストレスは相当なものでした。

集客が思うようにうまく行かず、上司にも対策を考えて来いと怒られてばかりいました。それでも仕事は不調で、ついにストレスで会社に行けない日がやってきて辞めることにしました。

会社を辞めてからは失業保険で少額のお金をもらえますが、とても生きていける金額ではありません。そこで前から希望していた翻訳業をやることにしました。しかし、得意のはずの英語力も長い間使っていなかったせいで、かなりレベルが落ちていました。翻訳会社のトライアルを受けても、不採用の通知ばかりで落胆の日々が続きました。何か良い方法はないかと模索している時に出会ったのが、ネットのクラウドソーシングでした。

翻訳の料金は非常に安かったのですが、実績も作れるため、引き受けた仕事を必死でこなしました。それからは実績も提示できるようになり、仕事に応募しても不採用が多かったのですが、少しずつ仕事をとれるようになりました。ただ翻訳のレベルが低いためか、表記揺れなどのミスを指摘されることもあります。仕事を継続してもらえないこともあり、ガッカリしてしまうこともあるのは事実です。

収入面では会社員時代に遠く及びません。個人事業のため保険もありませんし、退職金もあるはずありません。ライバルも多く、仕事を取るのに四苦八苦しています。ネット上では仕事の競争率が高いため、今現在は知り合いのツテを頼って仕事を見つける戦略に変えています。コネを利用したほうが報酬も良く、ギリギリで生活していけるぐらいは稼げるようになっています。

やはり、最初に仕事を取るには実績が重要で、実績がない場合は安い案件を引き受けて実績を作るのが王道ではないかと思います。


ほかの記事もお楽しみください。
上記URLからさまざまなダウンロード冊子をお楽しみいただけます。